タイプクラスルームトレーニング
時間5日
レジスタ

ArcSight ESM 6.9アドバンストアナリスト

ArcSight ESN 6.9 Advanced Analystトレーニングコースおよび認定証

概要

オーディエンスと前提条件

コース概要

スケジュールと料金

認証

ArcSight ESM 6.9 Advanced Analyst Training Course

このコースでは、高度なHP ArcSight ESMコンテンツを使用してセキュリティインシデントを検索、追跡、修復するHP ArcSightセキュリティ問題解決方法について説明します。 トレーニング中に、変数や相関アクティビティを使用する方法、動的コンテンツのレポートテンプレートをカスタマイズする方法、通知テンプレートをカスタマイズしてイベントの特定の属性に基づいて適切な通知を送信する方法を学習します。

の目的 ArcSight ESM 6.9アドバンスアナリストトレーニング

  • HP ArcSight ESMコンソールおよびコマンドセンターを操作して、露出している脅威と不明確な脅威の両方を相関させ、調査し、分析し、修復します。
  • HP ArcSight変数を構築して、イベントストリームの高度な分析を提供する
  • 高度な相関アクティビティを可能にするHP ArcSightのリストとルールを開発する
  • イベント・ベースのデータ・モニターを最適化して、イベント・トラフィックおよび異常のリアルタイム表示を提供する
  • 新しいレポートテンプレートを設計し、機能レポートを作成する
  • 検索ツールでイベントを検索する

対象とする訪問者 of ArcSight ESM 6.9上級アナリストコース

  • この基本的なコースは、オペレーター/アナリストを対象としています。アナリストは、以下を行う必要があります。組織のセキュリティ目標を定義する。
  • 高度なコンテンツを構築または使用して、これらのセキュリティ目標を相互に関連づけ、表示し、対応します。

の前提条件 ArcSight ESM 6.9アドバンストアナリスト認定

  • HP ArcSight ESMセキュリティアナリスト(AESA)トレーニングを完了しました。
  • IDS / IPS、ネットワークおよびホストベースのファイアウォールなどの一般的なセキュリティデバイス機能
  • ルータ、スイッチ、ハブなどの一般的なネットワークデバイス機能
  • TCP / IP CIDRブロック、サブネット、アドレス指定、通信などの機能
  • インストール、サービス、共有、ナビゲーションなどのオペレーティングシステムのタスク
  • 脅威、脆弱性、リスク、資産、エクスポージャーなどのSIEMの用語集スキャン、人間、盗聴、DoS、DDoSなどの可能な攻撃活動、ワーム、トロイの木馬、保障措置など
  • 機密性、完全性、可用性などのセキュリティ・ディレクティブ

Course Outline Duration: 5 Days

  • モジュール1 - ArcSightコンソールレビュー
  • Module 2 - アクティブなチャンネルとフィルタのレビュー
  • Module 3 - ダッシュボードとデータモニターの最適化
  • モジュール4 - 変数のカスタマイズ
  • モジュール5 - ArcSightのリストとルール
  • モジュール6 - ESMレポートの設計
  • モジュール7 - クエリビューアオーサリング
  • Module 8 - ユニファイドイベント検索ツール

info@itstechschool.comまでお問い合わせください。+ 91-9870480053までお問い合わせください。コース料金と認証費用、スケジュール、場所

私たちに質問を投げ捨てる

親切な情報 接触 私達。


レビュー