タイプクラスルームトレーニング
レジスタ

CISCO CCNPルーティングとスイッチング

CCNPルーティング&スイッチングトレーニングコースと認定

説明

オーディエンスと前提条件

Cisco IPルーティングの実装(300-101)

Cisco IP Switched Networksの実装(300-115)

Cisco IPネットワークv2のトラブルシューティングおよびメンテナンス

認証

はじめに

Cisco認定ネットワークプロフェッショナルまたはCCNPトレーニングルーティングとスイッチング authenticates the capability to implement, plan, confirm and provide support for wide and local area enterprise networks and work collaboratively with experts on advanced security, wireless, voice, and video solutions. After completing any of the CCNP courses, students will be able to work as: network engineers, support engineers, systems engineers or network technicians.

試験

IPルーティング(ROUTE)の実行v2

  • さまざまなルーティングプロトコルを使用して、安全なエンタープライズWANおよびLANルーティングソリューションの実行を計画、構築、検証する

IPスイッチネットワーク(SWITCH)v2の実行

  • このCCNPトレーニングでCEAを使用して多面的なエンタープライズスイッチングソリューションの実行を計画、構築、確認する

IPネットワークのトラブルシューティングとメンテナンス(TSHOOT)v2

  • 多面的な企業のルーティングおよびスイッチドネットワークでの定期的な保守の計画と実行
  • このCCNPコースを通じたネットワークトラブルシューティングを実施するためのテクノロジーベースのプラクティスと体系的なアプローチを採用

対象とする訪問者

The CCNP certification is suitable for those candidates who have at least one year of networking experience and are prepared to advance their skills.

必須条件

候補者はCCNA R&S認定を取得する必要があります。

  1. ネットワーク原則
    • シスコエクスプレスフォワーディングの概念を識別する
      • FIB
      • 隣接表
    • 一般的なネットワークの課題を説明する
      • ユニキャスト
      • アウト・オブ・オーダ・パケット
      • 非対称ルーティング
    • IP操作を記述する
      • ICMP到達不能およびリダイレクト
      • IPv4およびIPv6フラグメンテーション
      • TTL
    • TCP操作を説明する
      • IPv4およびIPv6(P)MTU
      • MSS
      • レイテンシ
      • ウィンドウ処理
      • 帯域幅遅延製品
      • グローバル同期
    • UDP操作の説明
      • 飢餓
      • レイテンシ
    • 提案されたネットワークへの変更を認識する
      • ルーティングプロトコルパラメータの変更
      • ネットワークの一部をIPv6に移行する
      • ルーティングプロトコルの移行
  2. レイヤ2テクノロジ
    • PPPの設定と確認
      • 認証(PAP、CHAP)
      • PPPoE(クライアント側のみ)
    • フレームリレーの説明
      • 操作
      • ポイントからポイントへ
      • マルチポイントの
  3. レイヤ3テクノロジ
    • IPv4のアドレッシングとサブネットの特定、構成、および確認
      • アドレスタイプ(ユニキャスト、ブロードキャスト、マルチキャスト、およびVLSM)
      • ARP
      • DHCPリレーとサーバー
      • DHCPプロトコル操作
    • IPv6のアドレッシングとサブネットを特定する
      • ユニキャスト
      • EUI-64
      • ND、RS / RA
      • 自動設定(SLAAC)
      • DHCPリレーとサーバー
      • DHCPプロトコル操作
    • 静的ルーティングの設定と確認
    • Configure and verify default routing
    • Evaluate routing protocol types
      • 距離ベクトル
      • リンク状態
      • パスベクトル
    • 行政距離の記述
    • パッシブインターフェイスのトラブルシューティング
    • VRFライトの設定と確認
    • 任意のプロトコルによるフィルタリングの設定と検証
    • ルーティングプロトコルまたはルーティングソース間の再配布を設定および確認する
    • 任意のルーティングプロトコルによる手動および自動サマライズの設定と検証
    • ポリシーベースルーティングの構成と検証
    • 準最適ルーティングを特定する
    • ROUTEマップの説明
    • ループ防止メカニズムの構成と検証
      • 経路のタグ付けとフィルタリング
      • スプリット・ホライズン
      • ルート中毒
    • Configure and verify RIPv2
    • Describe RIPng
    • Describe EIGRP packet types
    • Configure and verify EIGRP neighbor relationship and authentication
    • Configure and verify EIGRP stubs
    • Configure and verify EIGRP load balancing
      • 等しいコスト
      • 不等コスト
    • EIGRPメトリックの記述と最適化
    • Configure and verify EIGRP for IPv6
    • Describe OSPF packet types
    • Configure and verify OSPF neighbor relationship and authentication
    • Configure and verify network types, area types, and router types
      • ポイントツーポイント、マルチポイント、ブロードキャスト、非ブロードキャスト
      • LSAタイプ、エリアタイプ:バックボーン、ノーマル、トランジット、スタブ、NSSA、完全スタブ
      • 内部ルータ、バックボーンルータ、ABR、ASBR
      • 仮想リンク
    • OSPFパス設定の構成と検証
    • OSPF操作の構成と検証
    • IPv6のOSPFの設定と検証
    • BGPピア関係と認証の記述、設定、および確認
      • ピアグループ
      • アクティブパッシブ
      • 州とタイマー
    • eBGP(IPv4およびIPv6アドレスファミリ)の設定と検証
      • eBGP
      • 4バイトのAS番号
      • プライベートAS
    • BGPアトリビュートとベストパス選択の説明
  4. VPNテクノロジー
    • GREの設定と確認
    • DMVPN(シングルハブ)の説明
    • Easy Virtual Networking(EVN)の説明
  5. インフラストラクチャのセキュリティ
    • ローカルデータベースを使用してIOS AAAを記述する
    • TACACS +およびRADIUSを使用したIOS AAAを使用したデバイスセキュリティの記述
      • TACACS +およびRADIUSを使用するAAA
      • ローカル権限の承認のフォールバック
    • デバイスのアクセス制御の設定と検証
      • ライン(VTY、AUX、コンソール)
      • 管理面の保護
      • パスワードの暗号化
    • ルータのセキュリティ機能の設定と確認
      • IPv4アクセス制御リスト(標準、拡張、時間ベース)
      • IPv6トラフィックフィルタ
      • ユニキャスト逆方向パス転送
  6. インフラストラクチャサービス
    • デバイス管理の設定と検証
      • コンソールとVTY
      • Telnet、HTTP、HTTPS、SSH、SCP
      • (T)FTP
    • SNMPの設定と確認
      • v2
      • v3
    • ログの設定と確認
      • ローカルログ、syslog、デバッグ、条件付きデバッグ
      • タイムスタンプ
    • ネットワークタイムプロトコル(NTP)の設定と確認
      • NTPマスタ、クライアント、バージョン3、バージョン4
      • NTP認証
    • IPv4とIPv6 DHCPを構成して確認する
      • DHCPクライアント、IOS DHCPサーバ、DHCPリレー
      • DHCPオプション(説明)
    • IPv4ネットワークアドレス変換(NAT)の設定と確認
      • スタティックNAT、ダイナミックNAT、PAT
    • IPv6 NATについて説明する
      • NAT64
      • NPTv6
    • SLAアーキテクチャの説明
    • IP SLAの設定と確認
      • ICMP
    • トラッキングオブジェクトの設定と確認
      • トラッキングオブジェクト
      • 異なるエンティティ(たとえば、インタフェース、IPSLAの結果)を追跡する
    • Cisco NetFlowの設定と確認
      • NetFlow v5、v9
      • ローカル検索
      • エクスポート(設定のみ)
  1. レイヤ2テクノロジ
    • スイッチ管理の設定と確認
      • HRテンプレート
      • MACアドレステーブルの管理
      • Err-disable回復のトラブルシューティング
    • レイヤ2プロトコルの設定と確認
      • CDP、LLDP
      • UDLD
    • VLANの設定と確認
      • アクセスポート
      • VLANデータベース
      • 通常の拡張VLAN、音声VLAN
    • トランキングの設定と確認
      • VTPv1、VTPv2、VTPv3、VTPプルーニング
      • dot1Q
      • ネイティブVLAN
      • 手動プルーニング
    • EtherChannelの設定と確認
      • LACP、PAgP、マニュアル
      • 層2、層3
      • ロードバランシング
      • EtherChannelの誤設定ガード
    • スパニングツリーの設定と確認
      • PVST +、RPVST +、MST
      • スイッチプライオリティ、ポートプライオリティ、パスコスト、STPタイマー
      • PortFast、BPDUguard、BPDUfilter
      • ループガードとルートガード
    • 他のLANスイッチング技術の設定と検証
      • スパン、RSPAN
    • シャーシの仮想化と集約技術の説明
      • スタックワイズ
  2. インフラストラクチャのセキュリティ
    • スイッチセキュリティ機能の設定と確認
      • DHCPスヌーピング
      • IPソースガード
      • ダイナミックARP検査
      • ポートセキュリティ
      • プライベートVLAN
      • ストームコントロール
    • Cisco IOS AAAとTACACS +およびRADIUSを使用したデバイスセキュリティの記述
      • TACACS +およびRADIUSを使用するAAA
      • ローカル権限の承認のフォールバック
  3. インフラストラクチャサービス
    • ファーストホップ冗長プロトコルの設定と確認
      • HSRP
      • VRRP
      • GLBP
  1. ネットワーク原則
    • Cisco IOSトラブルシューティングツールを使用する
      • デバッグ、条件付きデバッグ
      • 拡張オプションを使用したPingおよびトレースルート
    • トラブルシューティングの方法を適用する
      • ネットワーキングの問題の根本原因を診断する(症状の分析、
        根本的な原因を説明する)
      • 有効なソリューションの設計と実装
      • 解像度の確認と監視
  2. レイヤ2テクノロジ
    • スイッチ管理のトラブルシューティング
      • HRテンプレート
      • MACアドレステーブルの管理
      • Err-disable回復のトラブルシューティング
    • レイヤ2プロトコルのトラブルシューティング
      • CDP、LLDP
      • UDLD
    • VLANのトラブルシューティング
      • アクセスポート
      • VLANデータベース
      • 通常の拡張VLAN、音声VLAN
    • トランキングのトラブルシューティング
      • VTPv1、VTPv2、VTPv3、VTPプルーニング
      • dot1Q
      • ネイティブVLAN
      • 手動プルーニング
    • EtherChannelのトラブルシューティング
      • LACP、PAgP、マニュアル
      • 層2、層3
      • ロードバランシング
      • EtherChannelの誤設定ガード
    • スパニングツリーのトラブルシューティング
      • PVST +、RPVST +、MST
      • スイッチプライオリティ、ポートプライオリティ、パスコスト、STPタイマー
      • PortFast、BPDUguard、BPDUfilter
      • ループガード、ルートガード
    • 他のLANスイッチング技術のトラブルシューティング
      • スパン、RSPAN
    • シャーシ仮想化と集約技術のトラブルシューティング
      • スタックワイズ
  3. レイヤ3テクノロジ
    • IPv4のアドレッシングとサブネットのトラブルシューティング
      • アドレスタイプ(ユニキャスト、ブロードキャスト、マルチキャスト、およびVLSM)
      • ARP
      • DHCPリレーとサーバー
      • DHCPプロトコル操作
    • IPv6のアドレッシングとサブネットのトラブルシューティング
      • ユニキャスト
      • EUI-64
      • ND、RS / RA
      • 自動設定(SLAAC)
      • DHCPリレーとサーバー
      • DHCPプロトコル操作
    • 静的ルーティングのトラブルシューティング
    • Troubleshoot default routing
    • Troubleshoot administrative distance
    • パッシブインターフェイスのトラブルシューティング
    • Troubleshoot VRF lite
    • Troubleshoot filtering with any protocol
    • Troubleshoot between any routing protocols or routing sources
    • Troubleshoot manual and autosummarization with any routing protocol
    • Troubleshoot policy-based routing
    • Troubleshoot suboptimal routing
    • ループ防止メカニズムのトラブルシューティング
      • 経路タグ付け、フィルタリング
      • スプリット・ホライズン
      • ルート中毒
    • Toubleshoot RIPv2
    • EIGRPネイバー関係と認証のトラブルシューティング
    • ループフリーのパス選択のトラブルシューティング
      • RD、FD、FC、後継者、実現可能な後継者
    • EIGPR操作のトラブルシューティング
      • 活発に立ち往生
    • EIGRPスタブのトラブルシューティング
    • EIGRPロードバランシングのトラブルシューティング
      • 等しいコスト
      • 不等コスト
    • EIGRPメトリックのトラブルシューティング
    • IPv6のEIGRPのトラブルシューティング
    • OSPFネイバー関係と認証のトラブルシューティング
    • ネットワークタイプ、エリアタイプ、およびルータタイプのトラブルシューティング
      • ポイントツーポイント、マルチポイント、ブロードキャスト、非ブロードキャスト
      • LSAタイプ、エリアタイプ:バックボーン、ノーマル、トランジット、スタブ、NSSA、完全スタブ
      • 内部ルータ、バックボーンルータ、ABR、ASBR
      • 仮想リンク
    • OSPFパス設定のトラブルシューティング
    • OSPF操作のトラブルシューティング
    • IPv6のOSPFのトラブルシューティング
    • BGPピア関係と認証のトラブルシューティング
      • ピアグループ
      • アクティブパッシブ
      • 州とタイマー
    • eBGPのトラブルシューティング
      • eBGP
      • 4バイトのAS番号
      • プライベートAS
  4. VPNテクノロジー
    • GREのトラブルシューティング
  5. インフラストラクチャのセキュリティ
    • ローカルデータベースを使用したIOS AAAのトラブルシューティング
    • デバイスのアクセス制御のトラブルシューティング
      • ライン(VTY、AUX、コンソール)
      • 管理面の保護
      • パスワードの暗号化
  6. ルータのセキュリティ機能のトラブルシューティング
    • IPv4アクセス制御リスト(標準、拡張、時間ベース)
    • IPv6トラフィックフィルタ
    • ユニキャスト逆方向パス転送
  7. インフラストラクチャサービス
    • デバイス管理のトラブルシューティング
      • コンソールとVTY
      • Telnet、HTTP、HTTPS、SSH、SCP
      • (T)FTP
    • SNMPのトラブルシューティング
      • v2
      • v3
    • ログのトラブルシューティング
      • ローカルログ、syslog、デバッグ、条件付きデバッグ
      • タイムスタンプ
    • ネットワークタイムプロトコル(NTP)のトラブルシューティング
      • NTPマスタ、クライアント、バージョン3、バージョン4
      • NTP認証
    • IPv4およびIPv6 DHCPのトラブルシューティング
      • DHCPクライアント、IOS DHCPサーバ、DHCPリレー
      • DHCPオプション(説明)
    • IPv4ネットワークアドレス変換(NAT)のトラブルシューティング
      • スタティックNAT、ダイナミックNAT、PAT
    • SLAアーキテクチャのトラブルシューティング
    • トラッキングオブジェクトのトラブルシューティング
      • トラッキングオブジェクト
      • 異なるエンティティ(たとえば、インタフェース、IPSLAの結果)を追跡する

Cisco IPルーティングの実装(300-101)

Cisco IP Routing(ROUTE 300-101)の実装は、Cisco CCNPおよびCCDP認定に関する120-50の質問を含む60分の資格試験です。 ROUTE 300-101試験は、合格者のルーティングに関する知識とスキルを証明します。 LAN、WAN、およびIPv6に接続されたスケーラブルで安全性の高いシスコルータを実装する際に、高度なIPアドレッシングとルーティングを使用することが保証されています。

また、ブランチオフィスやモバイルワーカーをサポートする高度に安全なルーティングソリューションの構成についても説明します。

以下のトピックは、試験に含まれる可能性のあるコンテンツの一般的なガイドラインです。ただし、特定のバージョンの試験には他の関連するトピックが表示されることがあります。 試験の内容をよりよく反映するために、以下のガイドラインは予告なしにいつでも変更されることがあります。

Cisco IP Switched Networksの実装(300-115)

Cisco IP Switched Networksの実装(SWITCH 300-115)は、120-45のCisco CCNPおよびCCDP認定に関する55-minute認定試験です。 SWITCH 300-115試験は、成功した候補者のスイッチングに関する知識とスキルを証明します。 シスコエンタープライズキャンパスアーキテクチャを使用する複雑なエンタープライズスイッチングソリューションの実装を計画、設定、検証することで認定されています。

SWITCH試験では、VLANとWLANの高度に安全な統合もカバーしています。

以下のトピックは、試験に含まれる可能性のあるコンテンツの一般的なガイドラインです。ただし、特定のバージョンの試験には他の関連するトピックが表示されることがあります。 試験の内容をよりよく反映するために、以下のガイドラインは予告なしにいつでも変更されることがあります。

Cisco IPネットワークのトラブルシューティングおよびメンテナンスv2(300-135)

Cisco IPネットワークのトラブルシューティングとメンテナンスv2(TSHOOT 300-135)は、Cisco CCNP認定の120-15に関する25分の資格試験です。 TSHOOT 300-135試験は、以下の目的を達成するために必要な知識とスキルを有していることを証明しています。ネットワークによるトラブルシューティングを実行するための技術ベースのプラクティスとITILの体系的なアプローチを使用する

以下のトピックは、試験に含まれる可能性のあるコンテンツの一般的なガイドラインです。ただし、特定のバージョンの試験には他の関連するトピックが表示されることがあります。 試験の内容をよりよく反映するために、以下のガイドラインは予告なしにいつでも変更されることがあります。


レビュー