タイプクラスルームトレーニング
時間5日
レジスタ

ITSテクノロジースクールイメージ

20488B - Microsoft SharePoint Serverの開発2013コアソリューショントレーニングコースと認定書

説明

オーディエンスと前提条件

コース概要

スケジュールと料金

認証

Microsoft SharePoint Server 2013コアソリューションの開発トレーニング

SharePoint認定トレーニング コアソリューションは、SharePoint開発に共通のスキルを提供します。 参加者は、クライアント側とサーバー側の両方のオブジェクトモデル、ID管理と権限、機能、アプリケーションとソリューションの開発と展開、タクソノミー管理、ワークフローを使用したビジネスプロセス管理、リストデータのクエリと更新、ユーザーインターフェイス、このSharePoint training.MOC 20488で: Microsoft SharePoint Server 2013 Developing Core Solutionsは、SharePointテクノロジおよび製品のソリューション開発に関する知識を提供するSharePoint認定の開発側のモジュールです。このSharePointトレーニングコースは、以下のプロジェクトのカスタムコードの開発および設計を担当する専門の開発者にとって理想的です。 SharePointの2013 環境。

の目的 Microsoft SharePoint Server 2013コアソリューションの開発トレーニング

  • シェアポイントコースのパフォーマンスとスケーラビリティ向上のためのアプリケーションの計画と設計
  • ユーザーインターフェイス要素の外観と動作を作成およびカスタマイズする
  • 認可と認証を使用してカスタムコンポーネントのコードを開発する
  • このSharePoint認定コースでSharePointアプリケーションの展開と配布を学ぶ
  • カスタムワークフローを使用してビジネスプロセスを自動化する
  • REST-APIとクライアント側オブジェクトモデルの実装
  • さまざまなコンテンツタイプとフィールドを使用してタクソノミーを管理する

の前提条件 Microsoft SharePoint Server 2013コアソリューションコースの開発

  • SharePointに関する基本的な知識
  • HTML、CSS、JavaScriptなどのクライアントサイドWeb技術に関する基本的な知識。
  • 働く知識 Visual C# および.NET Framework 4.5をサポートしています。
  • 要求/応答とページライフサイクルを含むASP.NETとサーバーサイドのWeb開発テクノロジの基本的な理解。

Course Outline Duration: 5 Days

モジュール1:開発者のプラットフォームとしてのSharePoint

This module examines different approaches that can be used to develop applications with SharePoint Server 2013 the scenarios in which each approach might be appropriate.

レッスン

  • SharePoint Developer Landscapeの紹介
  • SharePoint開発へのアプローチの選択
  • SharePoint 2013の展開モデルと実行モデルについて

ラボ:Webパーツとアプリケーションパーツの比較

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • SharePoint Server 2013の開発者のチャンスを説明します。
  • カスタムSharePointコンポーネントの適切な実行モデルを選択します。
  • カスタムSharePointコンポーネントの適切な展開モデルを選択します。

モジュール2:SharePointオブジェクトの操作

This module introduces the server-side SharePoint object model and how the core classes relate to sites and collections. The server-side SharePoint object model provides a core set of classes that represent different items in the logical architecture of a SharePoint deployment. Students also learn how manage permissions for server-side code.

レッスン

  • SharePointオブジェクト階層の理解
  • サイトとWebの操作
  • 実行コンテキストでの作業

ラボ:サイトとWebを使って作業するラボ:実行コンテキストでの作業

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • サーバーサイドSharePointオブジェクトモデルの主要クラスの目的を説明します。
  • SharePointサイトコレクションおよびサイトとプログラム的にやり取りします。
  • さまざまなレベルの権限を持つユーザーにソリューションを適用します。

モジュール3:リストとライブラリを使って作業する

このモジュールでは、リストやライブラリと対話する方法について説明します。 サーバーサイドのSharePointオブジェクトモデルを使用してプログラムやライブラリを使用してリストやライブラリを操作する方法、およびクエリクラスとLINQ to SharePointを使用してSharePointリストからデータをクエリおよび取得する方法について学習します。 生徒は、多数のアイテムを含むリストを効率的に操作する方法も学びます。

レッスン

  • リストオブジェクトとライブラリオブジェクトの使用
  • リストデータのクエリと取得
  • 大規模リストの操作

Lab:リストデータのクエリと取得ラボ:大きなリストを使って作業する

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • リストやライブラリとプログラム的にやりとりします。
  • リストデータを照会および取得する。
  • 大きなリストに対して効率的に操作を実行します。

モジュール4:機能とソリューションの設計と管理

This module examines creating and deploying custom Developing a SharePoint solutions and features. The students also learn how and when to use sandbox solutions.

レッスン

  • 機能とソリューションの理解
  • 機能とソリューションの設定
  • サンドボックスソリューションの使用

ラボ:機能とソリューションの操作

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • 機能とソリューションの目的と主要機能を説明してください。
  • 機能とソリューションの設定と管理
  • サンドボックスソリューションの作成と管理

モジュール5:サーバーサイドコードの操作

このモジュールでは、Webパーツおよびイベントレシーバーを開発し、ソリューション内に展開する方法について説明します。

レッスン

  • Webパーツの開発
  • イベントレシーバの使用
  • タイマージョブの使用
  • 設定データの保存

ラボ:サーバーサイドコードの操作

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • Webパーツを開発するプロセスを記述します。
  • イベントレシーバーを使用してSharePointイベントを処理する
  • タイマージョブを使用して、プロセス外およびスケジュールされた操作を実行します。
  • カスタムコンポーネントの構成データを保存して操作する。

モジュール6:IDと権限の管理

このモジュールでは、コードによるアクセス許可の管理方法と、カスタム要求プロバイダを使用した認証のカスタマイズ方法について説明します。レッスン

  • SharePoint 2013のID管理について
  • SharePoint 2013でのアクセス許可の管理
  • フォームベースの認証の構成
  • 認証エクスペリエンスのカスタマイズ

ラボ:SharePoint 2013でプログラムでアクセス許可を管理するラボ:カスタムクレームプロバイダの作成と展開

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • SharePoint 2013での認証とID管理のしくみについて説明します。
  • SharePoint 2013でアクセス許可をプログラムで確認および管理する。
  • フォームベースの認証用にカスタムメンバーシッププロバイダとロールマネージャを作成および構成する。
  • クレームプロバイダーを作成し、サインインエクスペリエンスをカスタマイズします。

モジュール7:Apps for SharePointの紹介

このモジュールでは、SharePoint Server 2013を使用してSharePoint機能をカスタマイズする新しい方法であるSharePoint Appを紹介します。

レッスン

  • Apps for SharePointの概要
  • SharePoint用アプリケーションの開発

ラボ:サイト提案アプリの作成

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • SharePointアプリケーションを記述し、SharePointファームソリューションとサンドボックスソリューションと比較します。
  • オンプレミスやクラウドで動作するSharePoint 2013用のアプリケーションを開発する方法を説明します。

モジュール8:クライアント側のSharePoint開発

このモジュールでは、JavaScriptクライアントオブジェクトモデル(CSOM)、マネージコードCSOM、およびREST APIを使用してSharePointアプリケーションを構築する方法について説明します。

レッスン

  • マネージドコードにクライアントサイドオブジェクトモデルを使用する
  • JavaScript用のクライアントサイドオブジェクトモデルの使用
  • JavaScriptでのREST APIの使用

Lab:マネージドコードにクライアントサイドオブジェクトモデルを使用するラボ:JavaScriptでのREST APIの使用

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • マネージコードのクライアント側オブジェクトモデルを使用して、SharePointデプロイメントと対話します。
  • JavaScriptのクライアント側オブジェクトモデルを使用して、SharePointデプロイメントと対話します。
  • JavaScriptまたはC#でREST APIを使用して、SharePointデプロイメントと対話します。

Module 9:リモートホスト型SharePointアプリケーションの開発

This module examines the difference between provider hosted Apps and Remote Hosted Apps. The students will also create and deploy a Provider Hosted App. レッスン

  • リモートホストされたアプリケーションの概要
  • リモートホストされたアプリケーションの設定
  • リモートでホストされるアプリケーションの開発

ラボ:プロバイダーホスト型SharePointアプリケーションの設定ラボ:プロバイダーホスト型SharePointアプリケーションの開発

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • リモートホストされているアプリケーションの仕組みや、必要な権限とドメイン間の呼び出しを設定する方法を説明します。
  • Windows Azureまたはリモートサーバーでホスティングするためのアプリケーションを設定します。
  • Windows Azureまたはリモートサーバーでホストするためのアプリケーションを開発する。

モジュール10:アプリケーションの公開と配布

このモジュールはApp Catalogを導入して、ユーザーが簡単にアプリの検索、購入、インストールを行うことができます。 学生はApp CatalogにAppsをパッケージ化して公開する方法を学びます。

レッスン

  • アプリケーション管理アーキテクチャについて
  • アプリケーションパッケージについて
  • アプリの公開
  • アプリケーションのインストール、更新、アンインストール

Lab:企業カタログへのアプリケーションの公開Lab:アプリのインストール、更新、アンインストール

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • SharePointがアプリケーションの公開と配布をどのように管理するかを説明します。
  • アプリパッケージのコンテンツを記述します。
  • 企業のカタログやOffice Marketplaceにアプリを公開する。
  • アプリのインストール、更新、アンインストール

モジュール11:ビジネスプロセスの自動化

このモジュールでは、Visio 2013、SharePoint Designer 2013、およびVisual Studio 2012を使用してワークフローとワークフローアクションを作成する方法について説明します。レッスン

  • SharePoint 2013のワークフローについて
  • Visio 2013とSharePoint Designer 2013を使用してワークフローを構築する
  • Visual Studio 2012でのワークフローの開発

ラボ:Visio 2013およびSharePoint Designer 2013でのワークフローの構築Lab:Visual Studio 2012でワークフローアクションを作成する

このモジュールの最後に、学生は以下を行うことができます:
  • SharePoint 2013のワークフローのアーキテクチャと機能について説明します。
  • Visio 2013およびSharePoint Designer 2013で宣言型ワークフローを作成します。
  • Visual Studio 2012を使用してカスタムワークフローを作成および展開します。

モジュール12:タクソノミーの管理

This module explains the importance of a good taxonomy in SharePoint and working with the components of the taxonomy. The students also see how to tie event receivers to the taxonomy.レッスン

  • SharePoint 2013の分類法の管理
  • コンテンツタイプの操作
  • コンテンツタイプの高度な機能の操作

ラボ:コンテンツタイプの操作ラボ:コンテンツタイプの高度な機能の使用

このモジュールを修了すると、学生は次のことができるようになります:
  • SharePoint 2013のタクソノミービルディングブロックで作業します。
  • 宣言的およびプログラム的にコンテンツタイプを作成および構成する。
  • コンテンツタイプの高度な機能を使用します。

モジュール13:カスタムコンポーネントとサイトライフサイクルの管理

This module explains how you can create custom component definitions and templates, which enable you to deploy custom sites, lists and other components across a farm.レッスン

  • カスタムリストの定義
  • カスタムサイトの定義
  • SharePointサイトの管理

ラボ:カスタムコンポーネントとサイトライフサイクルの管理

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • カスタムリストの定義とプロビジョニング
  • カスタムサイトの定義とプロビジョニング
  • SharePointサイトのライフサイクルを管理します。

モジュール14:ユーザインタフェース要素のカスタマイズ

This module explains different ways of customizing the SharePoint user interface, such as adding buttons to the ribbon or modifying the appearance of list views.レッスン

  • カスタムアクションの操作
  • クライアント側ユーザーインターフェイスコンポーネントの使用
  • SharePointリストユーザーインターフェイスのカスタマイズ

Lab:編集コントロールブロックを使用してアプリケーションを起動するLab:jQueryを使用してSharePointリストのユーザーインターフェイスをカスタマイズする

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • カスタムアクションを使用して、SharePointユーザーインターフェイスを変更します。
  • JavaScriptを使用して、クライアントサイドのSharePointユーザーインターフェイスコンポーネントを操作します。
  • リストビューとフォームの外観と動作を変更する方法を説明します。

Module 15:ブランディングとナビゲーションの使用

This module explains ways to customize branding, designing, publishing and navigating sites in SharePoint Server 2013. The students also learn how to create devise independent sites standard web technologies, such as HTML, CSS, and JavaScript.レッスン

  • テーマの作成と適用
  • 出版サイトのブランディングとデザイン
  • コンテンツをプラットフォームおよびデバイスに合わせる
  • ナビゲーションの構成とカスタマイズ

ラボ:出版サイトのブランディングとデザイン

ラボ:ファーム全体のナビゲーションの設定

このモジュールを修了すると、学生は次のことが可能になります:
  • テーマを作成してSharePointサイトに適用する。
  • マスターページやページレイアウトなどのパブリッシングサイトデザインアセットを作成します。
  • デバイスチャネルとイメージレンディションを使用して、さまざまなデバイスのコンテンツを適合させます。
  • サイトを公開するためのナビゲーションエクスペリエンスを構成およびカスタマイズします。

今後のイベント

この時点で今後の予定はありません。

info@itstechschool.comまでお問い合わせください。+ 91-9870480053までお問い合わせください。コース料金と認証費用、スケジュール、場所

私たちに質問を投げ捨てる


レビュー