タイプクラスルームトレーニング
時間2日
レジスタ

F5 Global Traffic Manager(GTM)トレーニングコースおよび認定書

F5 Global Traffic Manager(GTM)トレーニングコースおよび認定書

説明

オーディエンスと前提条件

コース概要

スケジュールと料金

認証

グローバルトラフィックマネージャコースの概要

GTMと呼ばれるグローバルトラフィックマネージャ システムを効果的に管理するには、ネットワークのセグメントを構成するコンポーネントを定義する必要があります。 これらのコンポーネントには、データセンターやサーバーなどの物理コンポーネント、ワイドIP、プール、アドレスなどの論理コンポーネントが含まれます。 これらのコンポーネントを定義することで、基本的には グローバルトラフィックマネージャ ドメインネームシステム(DNS)のトラフィックを利用可能な最高のリソースに向けることができます。インターネットやプライベートネットワークで行うことのほとんどは名前解決で始まります。アプリケーションの負荷を分散する場合は、このレイヤーは、可用性、パフォーマンス、さらには永続性に基づいてIPに名前を解決します。

F5 GTMトレーニングの目的

  • 高速応答と DDoS攻撃 メモリ内DNSによる保護
  • 複数のBIG-IPまたはDNSサービス展開での正式なDNS複製により高速応答
  • ディザスタリカバリと高速で安全なレスポンスのための仮想クラウドにおける正式なDNSとDNSSEC
  • アプリケーションとサービスの品質の質に対するスケーラブルなDNSパフォーマンス
  • DNSサーバーの統合とROIの向上

F5 GTMコースの対象読者

このコースは、BIG-IP GTMシステムのインストール、設定、構成、および管理を担当するシステム管理者およびネットワーク管理者を対象としています

GTM認証の前提条件

参加者は以下を理解する必要があります。共通ネットワーク用語TCP / IPアドレス指定とルーティングDNS方法論インターネットワーキングの概念WAN(ワイドエリアネットワーク)とLAN(ローカルエリアネットワーク)環境の共通要素であるデータセンターサーバーの冗長概念。 また、学生は以下のことに堪能でなければなりません:CDドライブ、キーボード、マウス、およびWindows OSの基本的なWebブラウザ操作(Internet Explorerはクラスで使用されます)

Course Outline 2 Days

Chapter 1:BIG-IPシステムの設定

  • BIG-IPシステムの紹介
  • BIG-IPシステムの初期設定
  • 管理インターフェイスの設定
  • ソフトウェアライセンスの有効化
  • モジュールとリソースのプロビジョニング
  • デバイス証明書のインポート
  • BIG-IPプラットフォームのプロパティの指定
  • ネットワークの設定
  • ネットワークタイムプロトコル(NTP)サーバーの構成
  • ドメインネームシステム(DNS)設定の構成
  • 高可用性オプションの構成
  • BIG-IP設定のアーカイブ
  • F5のサポートリソースとツールの活用
  • BIG-IPシステムセットアップラボ

章2:ドメインネームシステム(DNS)とBIG-IP DNSの紹介

  • ドメインネームシステム(DNS)の理解
  • 名前解決プロセスの確認
  • BIG-IP DNSの実装
  • DNS解決診断ツールの使用

章3:DNS解決の加速

  • BIG-IP DNSでDNS解決を導入する
  • BIG-IP DNS解決の決定フロー
  • BIG-IP DNSリスナーの設定
  • ラボでのDNSクエリの解決(ラボゾーンレコード)
  • DNSサーバープールへのクエリの負荷分散
  • DNSキャッシュによるDNS解決の高速化
  • DNS ExpressによるDNS解決の高速化
  • ワイドIPの紹介
  • BIG-IP DNSでの他の解決方法の使用
  • 既存のDNS環境へのBIG-IP DNSの統合

章4:インテリジェントなDNS解決の実装

  • インテリジェントDNS解決の導入
  • 物理ネットワークコンポーネントの識別
  • 論理ネットワークコンポーネントの特定
  • インテリジェントな解決のためのメトリックの収集
  • データセンターの設定
  • BIG-IP DNSシステムをサーバとして設定する
  • BIG-IP LTMシステムをサーバとして設定する
  • BIG-IPシステム間のiQuery通信の確立
  • 非F5サーバの設定
  • リンクとルーターの定義
  • ワイドIPプールの設定
  • ワイドIPの設定
  • オブジェクトステータスの管理
  • トラフィック管理シェル(TMSH)の使用

章5:LDNSプローブとメトリックの使用

  • LDNSプローブとメトリックの紹介
  • LDNSプローブの種類
  • LDNSをプロービングから除外
  • プローブメトリックコレクションの構成

章6:負荷分散インテリジェントDNS解決

  • BIG-IP DNSでの負荷分散の紹介
  • 静的負荷分散方法の使用
  • ラウンドロビン
  • グローバルアベイラビリティ
  • 静的永続性
  • その他の静的負荷分散方法
  • 動的負荷分散方法の使用
  • 往復時間
  • 完了率
  • CPU
  • ホップ
  • 最低限の接続
  • パケットレート
  • キロバイト/秒
  • その他の動的負荷分散方法
  • Quality of Serviceロードバランシングの使用
  • DNSクエリ応答を永続化する
  • GSLBロードバランシングデシジョンログの設定
  • 手動レジュームの使用
  • トポロジのロードバランシングの使用

章7:インテリジェントDNSリソースの監視

  • モニターの探索
  • モニタの設定
  • リソースへのモニターの割り当て
  • ベストプラクティスのモニタリング

章8:高度なBIG-IP DNSトピック

  • DNSSECの実装
  • リソース可用性の制限の設定
  • ワイドIPでのiRulesの使用
  • 他のワイドIPタイプの紹介
  • BIG-IP DNS同期グループの実装

Chapter 9:最終設定プロジェクト

  • レビュー質問

で私たちにお書きください info@itstechschool.com &+ 91-9870480053までお問い合わせください。コース料金&認証費用、スケジュール、場所

私たちに質問を投げ捨てる

完了後 グローバルトラフィックマネージャトレーニング 候補者は認定のためにBIG-IP GTMスペシャリスト試験を取得する必要があります

レビュー