タイプクラスルームトレーニング
時間5日
レジスタ

お問い合わせ

とマークされたフィールド * 必要とされます

 

HP ArcSight ESM 6.9セキュリティ管理者

概要

前提条件

コース概要

スケジュールと料金

認証

HP ArcSight ESM 6.9セキュリティ管理者

このコースは、次のようなシステム管理者を対象としています。HP ArcSight ESMコンポーネントのインストール、管理、保守、トラブルシューティング - HP ArcSight ESMと他のHP ArcSightアプライアンスとの統合の設計と実装 - HP ArcSight ESM CORRE環境の健全性を積極的に調査する。

前提条件

このコースで成功するためには、次のことを理解する必要があります。

  • IDSやファイアウォールなどの一般的なセキュリティデバイス
  • ルータ、スイッチ、ハブなどの一般的なネットワークデバイス機能
  • CIDRブロック、サブネット、アドレス指定、通信などのTCP / IP機能
  • 基本的なWindowsオペレーティングシステムのタスクと機能
  • スキャン、中央の人、盗聴、DoSなどの可能性のある攻撃活動、およびワーム、トロイの木馬、ウイルスなどの可能性のある異常な活動
  • 脅威、脆弱性、リスク、資産、エクスポージャー、セーフガードなどのSIEM用語
  • 6月間にHP ArcSight ESMの管理経験がある
  • 完成したHP ArcSight ESM管理者

コース概要期間:5日

  • モジュール1:ESM CORRE 6.9のアーキテクチャ
  • モジュール2:ESM CORRE 6.9のインストール
  • モジュール3:ESMコンソールのインストールと操作
  • モジュール4:ArcSightアプライアンスでのCORREの使用
  • モジュール5:コネクタの取り付け
  • モジュール6:ArcSight SmartConnectorsの管理
  • モジュール7:管理コンソールブラウザインタフェースの使用
  • モジュール8:ESMコンソールを使用したリアルタイムイベントフロー
  • モジュール9:ネットワークモデルの管理
  • モジュール10:FlexConnectorsのインストール
  • モジュール11:ArcSight転送コネクタ
  • Module 12:通知の設定
  • モジュール13:SSL証明書の管理
  • モジュール14:リストとトレンドの維持
  • モジュール15:ArcSight Webとコマンドセンター
  • モジュール16:イベント管理
  • モジュール17:ArcSight ESM管理者認証
  • モジュール18:CORREシステムヘルスの維持
  • モジュール19:ArcSightパッケージの使用
  • モジュール20:CORR-Engineへのパッチ適用
  • モジュール21:ArcSight ESM CORREバックアップとリストア
  • モジュール22:CORRE毎日のパーティションの管理
  • モジュール23:HP ArcSightサポートの使用

info@itstechschool.comまでお問い合わせください。+ 91-9870480053までお問い合わせください。コース料金と認証費用、スケジュール、場所

私たちに質問を投げ捨てる

詳細はお気軽にお問い合わせください。


カスタマーレビュー