タイプクラスルームトレーニング
日付9月9日、2017年
時間2日
レジスタ
MSエクセルトレーニング

概要

必須条件

コース概要

スケジュールと料金

認証

MS Excelトレーニングコースと認定書

マイクロソフトの最も一般的かつ強力なツールはExcelこれは世界中で使用されています。 特別に設計されたコースでは、スキルを習得するのが非常に簡単で、熟練して簡単に使用できます。 ITSはMS-オフィス2007/2010 / 2013そして2016同じように。

必須条件

受験者はコンピュータの基礎知識を知っている必要があります。

コース概要期間:2日

  1. ワークブックとワークシートの管理と書式設定
    • スプレッドシートとワークブックの管理と設定
    • 複数のタブで同じExcelシートを表示
    • フリーズペインを使用して最上位行または最初の列をフリーズする
    • ページ設定オプションの管理に最適な時間節約技術
    • 値、重複レコード、データバーなどに基づいた条件付き書式設定とともにさまざまな書式設定テクニック
  2. さまざまな数式、関数、および参照によるExcelレポートの作成
    • テキスト、Len、Concatenate、Upper、Lower、Proper&Trimのような機能。
    • IfやMultiple Ifsのような論理関数
    • Sum、Abs、Round、Roundup&Rounddownのような数学関数
    • Count、Counta、Countblank、Countif、Countifs、Sumif、Sumifs、Average、Averageifs、Min、Max、Small、Largeなどの統計関数
    • VlookupやHlookupなどのルックアップ関数
    • $ sign(Absolute Referencing)を配置して式内のセルアドレスをフリーズする
    • 式で複数のシートとワークブックをリンクする(3D参照)
  3. データの操作
    • カスタムリストの作成と変更
    • テキストと列を使用してデータを区切る
    • 単一フィールドと複数フィールドのアルファベット順のデータのソート
    • リストをインポートして、カスタマイズした順序でデータをソートする
    • 左から右の順序でデータをソートする
    • フィルタとアドバンスフィルタ(数値フィルタ、テキストフィルタ、日付と時刻フィルタ、一意のレコード、重複したレコードとカラーフィルタリング)を使用してデータを抽出する
  4. ピボットテーブルによるデータの分析
    • 最適なレイアウトを選択してフィールドを追加する
    • ピボットテーブルに複数の関数を適用する
    • 空白セルの変換と0によるエラー値
  5. データをグラフ形式で表現する
    • データごとに最適なグラフを選択する
    • 縦棒グラフ、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフの使用
    • チャートの書式設定、チャートタイトルの追加、チャートの場所の変更
    • WordとPowerPointとのグラフのリンク
  6. アドバンスエクセル関数の使用
    • 左フィールドではなく右フィールドでルックアップを実行する
    • さまざまな条件で複数のテーブルを検索する
    • 複数のフィールドでルックアップを実行する
    • 大文字と小文字を区別したルックアップの実行
    • マッチ&インデックス関数による水平と垂直のルックアップの結合
    • 今日、今、曜日、月、年、勤務日、ネットワーク日などの日付機能
    • メジアンやモードなどの統計関数
  7. 範囲と命名規則の使用
    • セルとセルの範囲に名前を適用する
    • 範囲名の変更、削除、および見出しに基づいた名前の自動作成
  8. データの処理
    • Word文書、PDFファイル、外部オブジェクトとExcelデータをハイパーリンクでリンクする
    • テキストファイル、CSVファイルなどの外部ソースからのデータのインポート
    • 表を使用したより良い構造でのデータの表現
    • Excelデータから重複レコードを削除する
    • データ検証を通じて特定のデータを制限することにより、迅速なダッシュボード/フォームを設計する
    • シートの特定の部分のロックとロック解除によるダッシュボード/フォームの保護
    • データ統合によるさまざまなワークブックからのレポートの統合
  9. Excelデータの分析
    • 小計を適用して単一および複数の項目のデータを分析する
    • ピボットテーブルのExcelデータのグループ化とグループ解除
    • ピボットテーブルに計算フィールドを追加する
  10. 分析ツールの場合の実行
    • 目標シークによる出力値に基づく入力値の計算
    • シナリオマネージャを使用した複数のシナリオによるデータの分析
  11. タスク&グラフィカル表現の自動化(時間の有効性に応じて)
    • 列と線のグラフを複数の軸で結合してデータを表現する
    • 円グラフまたは円グラフの棒によるデータ寄与の表現
    • キーボードショートカットによるタスクの改善
    • 記録マクロによるタスクの自動化
    • マクロ互換オプションでブックを保存する

info@itstechschool.comまでお問い合わせください。+ 91-9870480053までお問い合わせください。コース料金と認証費用、スケジュール、場所

私たちに質問を投げ捨てる

親切な情報 お問い合わせ。


レビュー





レビュー





MSExcelコースの内容は以下のとおりです