タイプクラスルームトレーニング
レジスタ

お問い合わせ

とマークされたフィールド * 必要とされます

 

Oracle 11 g PL SQL Developer

Oracle 11 g PL SQL開発者トレーニングコースおよび認定

概要

オーディエンスと前提条件

コース概要

スケジュールと料金

認証

Oracle 11 g PL SQL Developerトレーニングコースの概要

PL / SQLは、SQLとプログラミング言語の手続き型機能の組み合わせです。 90の早い段階でOracle Corporationによって開発され、SQLの機能を強化しました.PL / SQL(Procedural Language / Structured Query Language)は、Oracle CorporationのSQLおよびOracleリレーショナルデータベースの手続き型言語拡張です。 PL / SQLはOracle Databaseで使用可能です

Oracle 11 g PLの目的SQL Developerのトレーニング

このレッスンを終えたら、次のことができるはずです。

  • PL / SQLプログラミング言語の基礎を記述する
  • SQL * PlusでのPL / SQLプログラムの作成と実行
  • PL / SQLデータ型変換関数の実行
  • PL / SQLプログラムによる出力の表示
  • PL / SQLプログラムで文字列を操作する
  • PL / SQLプログラムのデバッグ

Oracle 11 g PL SQL Developerコースの対象読者

このチュートリアルは、PL / SQLプログラミング言語を簡単かつ簡単に学習するソフトウェア・プロフェッショナル向けに設計されています。 このチュートリアルでは、PL / SQLプログラミングの概念について十分に理解していただくことができます。このチュートリアルを完了すると、より高度な専門知識を身につけることができる中級レベルの専門技術者になります。

前提条件Oracle 11 g PL SQL Developerの認定について

基本的な理解が必要です ソフトウェア データベース、ソースコード、テキストエディタ、プログラムの実行などの基本的な概念を理解することができます.SQLや他のコンピュータプログラミング言語について理解していれば、さらに進歩する利点があります。

コース概要期間:3日

  1. PL / SQLの概要
  • PL / SQLサブプログラムの利点を特定する
  • PL / SQLブロックのタイプの概要
  • シンプルな匿名ブロックを作成する
  • PL / SQLブロックからの出力の生成方法

2。 PL / SQL識別子を宣言する

  • PL / SQLサブプログラムの様々なタイプの識別子をリストする
  • 識別子を定義するための宣言セクションの使用法
  • 変数を使用してデータを格納する
  • スカラーデータ型を識別する
  • %TYPE属性
  • バインド変数とは何ですか?
  • PL / SQL式のシーケンス

3。 実行可能文の記述

  • 基本的なPL / SQLブロック構文のガイドラインの説明
  • コードをコメントする方法を学ぶ
  • PL / SQLでのSQL関数のデプロイ
  • データ型を変換するには?
  • ネストされたブロックの説明
  • PL / SQLで演算子を識別する

4。 Oracleサーバーとの相互作用

  • PL / SQLでのSELECT文の起動
  • PL / SQLでのデータの取得
  • SQLカーソルの概念
  • RetrievalおよびDML文を使用するときの命名規則を使用してエラーを回避する
  • PL / SQLを使用したサーバーでのデータ操作
  • SQLカーソルの概念を理解する
  • SQLカーソル属性を使用してDMLに対するフィードバックを得る
  • トランザクションの保存と破棄

5。 制御構造

  • IFステートメントを使用した条件処理
  • CASE文を使用した条件処理
  • 簡単なループステートメントの記述
  • whileループステートメントの説明
  • ループステートメントの記述
  • 続行ステートメントの使用

6。 複合データ型

  • PL / SQLレコードの使用
  • %ROWTYPE属性
  • PL / SQLレコードによる挿入と更新
  • テーブルによるINDEX
  • INDEX BYテーブルメソッドを調べる
  • レコードのINDEX BYテーブルを使用する

7。 明示カーソル

  • 明示カーソルとは何ですか?
  • カーソルを宣言する
  • カーソルを開く
  • カーソルからデータをフェッチする
  • カーソルを閉じる
  • カーソルFORループ
  • %NOTFOUND属性と%ROWCOUNT属性
  • FOR UPDATE句とWHERE CURRENT句を記述する

8。 例外処理

  • 例外を理解する
  • PL / SQLの例外処理
  • あらかじめ定義されたOracle Serverエラーのトラップ
  • トラップ事前定義されていないOracleサーバーのエラー
  • ユーザー定義の例外をトラップする
  • 例外を伝播する
  • RAISE_APPLICATION_ERRORプロシージャ

9。 ストアドプロシージャ

  • モジュール化され階層化されたサブプログラム設計を作成する
  • PL / SQLブロックによる開発のモジュール化
  • PL / SQL実行環境の理解
  • PL / SQLサブプログラムを使用するメリットをリストする
  • 匿名ブロックとサブプログラムの違いを一覧表示する
  • ストアドプロシージャの作成、呼び出し、および削除
  • プロシージャのパラメータとパラメータの実装モード
  • プロシージャ情報の表示

10。 ストアド・ファンクションおよびデバッグ・サブプログラム

  • ストアドファンクションの作成、呼び出し、および削除
  • ストアド・ファンクションを使用する利点の特定
  • ストアド・ファンクションを作成する手順を特定する
  • SQL文でユーザ定義関数を呼び出す
  • 関数呼び出し時の制限事項
  • 関数を呼び出すときの副作用を制御する
  • 関数情報の表示
  • 関数とプロシージャをデバッグするには?

11。 パッケージ

  • パッケージの利点を一覧表示する
  • パッケージを記述する
  • パッケージのコンポーネントは何ですか?
  • パッケージを開発する
  • パッケージのコンポーネントの可視性を有効にするには?
  • SQL CREATE文とSQL Developerを使用してパッケージ仕様と本体を作成する
  • パッケージコンストラクトを呼び出す
  • データ・ディクショナリを使用したPL / SQLソース・コードの表示

12。 パッケージのデプロイ

  • PL / SQLでのサブプログラムのオーバーロード
  • 標準パッケージを使用する
  • Forward宣言を使用して不正なプロシージャ参照を解決する
  • SQLでのパッケージ関数の実装と制限
  • 永続的なパッケージの状態
  • パッケージカーソルの永続状態
  • PL / SQLサブプログラムの副作用の制御
  • PL / SQLのレコード表をパッケージで呼び出す

13。 アプリケーション開発におけるOracle提供パッケージの実装

  • オラクル社が提供するパッケージとは何ですか?
  • オラクル社が提供するパッケージの例
  • DBMS_OUTPUTパッケージはどのように機能しますか?
  • オペレーティング・システム・ファイルと対話するためにUTL_FILEパッケージを使用する
  • UTL_MAILパッケージを呼び出す
  • UTL_MAILサブプログラムの作成

14。 動的SQL

  • SQLの実行フロー
  • 動的SQLとは何ですか?
  • カーソル変数を宣言する
  • PL / SQLブロックの動的実行
  • ネイティブ動的SQLを構成してPL / SQLコードをコンパイルする
  • DBMS_SQLパッケージを呼び出す方法は?
  • パラメータ化されたDML文を使用してDBMS_SQLを実装する
  • 動的SQL機能の完全性

15。 PL / SQLコードの設計上の考慮事項

  • 定数と例外の標準化
  • ローカルサブプログラムの理解
  • 自律型トランザクションの作成
  • NOCOPYコンパイラのヒントを実装する
  • PARALLEL_ENABLEヒントを呼び出す
  • クロスセッションPL / SQLファンクションの結果キャッシュ
  • 関数によるDETERMINISTIC句
  • パフォーマンスを向上させるための一括バインディングの使用

16。 トリガー

  • トリガーの説明
  • トリガーイベントの種類とボディを特定する
  • トリガーの実装のビジネスアプリケーションシナリオ
  • CREATE TRIGGER文とSQL Developerを使用したDMLトリガーの作成
  • トリガイベントの種類、ボディ、および発火(タイミング)を特定する
  • 文レベルトリガと行レベルトリガの違い
  • 代わりのトリガーと使用不可のトリガーの作成
  • トリガーの管理、テスト、および削除の方法

17。 複合、DDL、およびイベント・データベース・トリガーの作成

  • 複合トリガとは何ですか?
  • テーブル複合トリガのタイミングポイントセクションの特定
  • 表とビューの複合トリガー構造を理解する
  • 突然変異表エラーを解決する複合トリガの実装
  • ストアドプロシージャに対するデータベーストリガの比較
  • DDL文に対するトリガの作成
  • データベースイベントおよびシステムイベントトリガーの作成
  • トリガーの管理に必要なシステム特権

18。 PL / SQLコンパイラ

  • PL / SQLコンパイラとは何ですか?
  • PL / SQLコンパイルの初期化パラメータの説明
  • 新しいPL / SQLコンパイル時の警告を表示する
  • サブプログラムのPL / SQLコンパイル時間警告の概要
  • コンパイラ警告のメリットを一覧表示する
  • PL / SQLコンパイル時の警告メッセージ・カテゴリのリスト
  • 警告メッセージ・レベルの設定:SQL Developer、PLSQL_WARNINGS初期化パラメータおよびDBMS_WARNINGの使用Compilerの警告:SQL Developer、SQL * Plus、またはData Dictionary Viewsの使用

19。 依存関係の管理

  • スキーマ・オブジェクトの依存性の概要
  • USER_DEPENDENCIESビューを使用したダイレクト・オブジェクト依存性の問合せ
  • オブジェクトのステータスを照会する
  • 依存オブジェクトの無効化
  • 直接および間接依存関係を表示する
  • Oracle Database 12cでのファイングレイン依存性管理
  • リモート依存関係の理解
  • PL / SQLプログラム・ユニットの再コンパイル

で私たちにお書きください info@itstechschool.com &でのお問い合わせ + 91-9870480053 コース価格と認証費用、スケジュールと場所

私たちに質問を投げ捨てる

認証

このコースを受験するには、2つの試験を受ける準備が必要です。
Step1この試験に合格する
これらの試験の1つを選択してください
Oracle Database SQL Expert
OR
Oracle Database 11g:SQLの基礎I
OR
Oracle Database 12c:SQLの基礎
Step2この試験に合格する
これらの試験の1つを選択してください
PL / SQLによるプログラム
OR
Oracle Database 11g:PL / SQLを使用したプログラム詳しくは、お問い合わせください。


レビュー