タイプクラスルームトレーニング
レジスタ

お問い合わせ

とマークされたフィールド * 必要とされます

 

Ranorex v8.x(基本から上級)

商品の説明

オーディエンスと前提条件

コース概要

スケジュールと料金

認証

Ranorex v8.x(基本から上級)

ラノレックススタジオソフトウェア開発会社Ranorex GmbHが提供するGUIテスト自動化フレームワークです。 このフレームワークは、デスクトップ、Webベース、およびモバイルアプリケーションのテストに使用されます.Ranorex Studioは、C#やVB.NETなどの標準プログラミング言語を使用した自動テストモジュールの開発をサポートしています

目標

  • RanoreXpathを使用したオブジェクト識別
  • ウィンドウアプリケーションテストの自動化
  • Webアプリケーションテストの自動化
  • データ駆動型テスト
  • 手動C#スクリプティングを使用したテストの作成と実行
  • 記述的プログラミングを使用したスクリプトの作成
  • 記録モジュールとコードモジュールを含むハイブリッドモデル
  • Ranorex Remote Agentを使用したリモート実行
  • セレンの統合によるWebテストのリモート実行

前提条件

  • ソフトウェアテストの概念
  • XpathとCSSのコンセプト
  • C#言語の基礎

コース概要期間:3日

1日目

  • Ranorexツールの紹介
  • Ranorexツールのコンポーネント
  • Ranorex Studio IDEの解釈
  • Ranorex Spyツールを使って作業する
  • Ranorexのオブジェクト識別技術
  • ウィンドウアプリケーションのトラッキングオブジェクト
  • RanoreXpathについて
  • RanoreXpathを手動で書く
  • Ranorex Instrumentation Wizardを使用して作業する
  • FirefoxとChromeにRanorexアドオンをインストールする
  • IE、Firefox、ChromeでのWebアプリケーションのオブジェクトのトラッキング
  • RanoreXpath内のCSSの使用
  • RanoreXpathでの正規表現の使用
  • さまざまなタイプのRanoreXpath生成モード
  • Simple、Reduce、StepCostReduceモデルの違いを理解する
  • 数量/兄弟要素によるRanoreXpathのカスタマイズ
  • Ranorex C#プロジェクトの作成
  • Ranorexプロジェクトとソリューションの解釈
  • Ranorexプロジェクトファイルシステムについて
  • プロジェクトで使用される参照の理解
  • ウィンドウアプリケーションの操作
    • ウィンドウアプリケーションへのテストの記録
    • 記録されたキーワードデータの解釈
    • キーワードデータの背後にあるC#コードの解釈
    • Ranorexログ結果の実行と分析
  • Webアプリケーションの操作
    • Webアプリケーションへのテストの記録
    • 記録されたキーワードデータの解釈
    • キーワードデータの背後にあるC#コードの解釈
    • Ranorexログ結果の実行と分析
  • ラノレックス建築
  • Ranorexリポジトリの操作
    • トラッキングを使用してリポジトリにアイテムを追加する
    • <Ctrl> + <LWin>ショートカットを使用して開いたリポジトリに項目を追加する
    • リポジトリに手動で項目を追加し、パスを定義する
    • 追加リポジトリの作成と項目の追加
    • 未使用アイテムによるリポジトリのクリーンアップ
    • 特定のリポジトリとレコーディングモジュールのマッピング
    • 記録モジュールへのリポジトリのマッピングと埋め込み
    • 共有リポジトリとしての単一リポジトリの使用
  • モジュールの手動作成と実行
  • Ranorex Remote Agentのインストール
  • リモート実行用に複数のTestRun設定を追加する
  • Ranorex diffを実行しています。 1つ以上のRemote Agent上のTest SuiteのTestRun構成

2日目

  • 個々のフォルダを作成してさまざまなアイテムを管理する
  • 個別リポジトリの作成
  • エンドツーエンドの自動化のための再利用可能なサブモジュールの作成
  • サブモジュールを含むテストスイートでのテストケースの作成
  • テストスイートの実行と分析
  • 外部Excelファイルでのテストデータの作成
  • 外部Excelファイルをデータソースとして追加する
  • モジュール内にモジュール変数を作成する
  • モジュール化ステップ/リポジトリのパラメータ化RanorexPath
  • テストケースにデータバインディングを追加し、Excel列をモジュールパラメータにバインドする
  • データ駆動テストケースの実行とデータの分析
  • モジュールに検証を追加してパラメータ化されたデータを検証する
  • ログに記録するスナップショット
  • 割り当て: Webアプリケーション用のモジュラーエンドツーエンドDDDTスクリプトの作成
  • テスト・フィクスチャーの使用
    • テストケースとテストスイートにセットアップ&ティアダウンブロックを追加する
    • セットアップ&ティアダウンブロックにモジュールを追加する
    • テスト・フィクスチャを使用したテスト・ケース/テスト・スイートの実行
  • 検証の使用
    • 録音による検証ステップの追加
    • アイテム存在確認の実行
    • アイテムのテキスト、サイズ、場所の検証の実行
    • イメージコンテンツ検証の実行
  • イメージベースのアイテム認識の使用
    • 画像に基づく認識を用いた記録テスト
    • 結果の分析と実行
    • 画像認識プロパティのカスタマイズ
  • コードモジュールの操作
    • プロジェクトにコードモジュールを追加する
    • C#コード構造の理解
    • MessageBoxコードの追加
    • 結果の分析と実行
    • レポートログメッセージの追加
    • 結果の分析と実行
  • エンドツーエンドコードモジュールの使用(Winアプリケーション用)
    • リポジトリを使用した個別モジュールの作成:
      • オープニングアプリケーション
      • アプリケーションの検証
      • 閉会申請
    • コードモジュールによるテストケースの作成と実行
    • コードモジュールパラメータの追加
    • コードモジュールでの検証の追加
    • コードモジュールからのスクリーンショットの報告
    • コードモジュールを使用したDDTテストケースの作成と実行
  • 割り当て:
    • Webアプリケーションのコードモジュール(C#スクリプティング)を使用したDDTテストケースの作成と実行

3日目

  • ライブラリの操作
    • プロジェクトにユーザーコードコレクションを追加する
    • C#ユーザーコードコレクションのクラス構造について
    • ユーザー定義の静的メソッドの追加
    • コードモジュールからのユーザー定義メソッドの呼び出し
    • 結果の分析と実行
  • 記述的プログラミングの使用
  • ページオブジェクトモデルクラスの操作
    • WinアプリケーションのPOMクラスの作成と実行
    • WebアプリケーションのPOMクラスの作成と実行
  • 動的検索オプションの使用
  • ハイブリッドテストモデルの使用
    • Test Suiteで新しいテストケースを作成する
    • 記録済みモジュールの追加
    • コードモジュールの追加
    • 結果の分析と実行
  • PopupWatcherを使用したポップアップの処理
    • PopupWatcherクラスの作成
    • ウォッチ設定の追加
    • コードレベルでのポップアップの処理
    • Setup&TearDownを使用したスイートレベルでのポップアップの処理
  • Ranorex Remote AgentとSelenium WebDriver Endpointの間で
  • Ranorex&Selenium WebDriver統合
    • タイムアウトを使用してSelenium Grid Hub&Nodeを構成する
    • Selenium Grid EndPointを追加する
    • リモートSelenium EndpointでのRanorex Web TestCaseの実行
    • リモート実行結果の分析

info@itstechschool.comまでお問い合わせください。+ 91-9870480053までお問い合わせください。コース料金と認証費用、スケジュール、場所

私たちに質問を投げ捨てる

認証

本コースのようなCertified Scrum Trainerが教える2日(16時間)のCSPOコースを受講すれば、Certified Scrum Product Ownerとして認定されたスクラムアライアンスからの証明書を受け取ります。 この認定には、Scrum Allianceの2年間のメンバーシップが含まれています。

親切な情報 私達に連絡してください。


カスタマーレビュー