ブログ

9 2月 2017

Microsoft Dynamics AXの開発の基本7

AX7という非常に予期されていたMicrosoft Dynamics AX製品について数多くのことを聞いてきました。 AX7はまだ過去の適応のパンチをパックしていますが、知っておくべきAX7開発に関するいくつかの新しい魅力的なものがあります。

現在、AX7にはMorphX / AXがありません 開発ワークスペース もう長い。 むしろ、AX マイクロソフト開発 今私たちにVisual Studioが与えられました。

AX7は以下のようないくつかの文言に依存します:

  • コンポーネント:要素は、AOTにある任意のオブジェクトです。 ベースの列挙、EDT、テーブルなど。
  • ショー:モデルは過去の変種でも持っているコンポーネントの集まりです。
  • バンドル:バンドルは展開可能なユニットで、さまざまなモデルがあります。
  • 拡張:プロジェクトは、アプリケーションを構築すると予想されるすべての一貫した区画です。

AX7の登場により、AXでは次の2つの戦略を使用して開発を行うことができます。

オーバーレイ

オーバーレイは、上位層のコンポーネントを変更した場合に、その定義を下位層に置き換えます。 これはAXを変更するためにAX2012までやっていたことです。 基本的には、メタデータとソースコードのカスタマイズを 上位層.

増加

これは、異なる層に存在するものを廃止することなく、既存のコンポーネントを広げるという考えを暗示している。 つまり、コンポーネントは変更されず、コンポーネントは広げられます。 拡張コンポーネントを作成することで、カスタマイズとコードの大部分が別の場所に集約されます。 これは、拡張レコードに含まれていたか変更されたコードを含んでいます。

Visual Studioで作業する前に、いくつかの設定を行う必要があります。これにより、AXとの開発関与が少しスムーズになります。

ステップ1: - AX 7オプションに移動

ステップ2: - プロジェクトオプションを設定する

ステップ3: - テキストエディタのオプションを設定する

ステップ4: - ベストプラクティスオプションを設定する

このことを信じて、MSプログレッションAX7の経験をよりいっそう充実させます。 Microsoft Dynamicsの開発の基礎を取るKoenigのAX7は、これまでにないと考えられていた数多くの潜在的な成果と抜本的な新たな可能性をお客様にお届けします。

返信を残します

GTranslate Please upgrade your plan for SSL support!
GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!