ブログ

21 2月 2017

IGPルート再配布を使用して他のドメインのデバイスに到達するためのステップバイステップの手順

今や、複数のルーティングプロトコルを実行し、複数のルーティングエリアを持つ必要があります。 1つのプロトコルから次のプロトコルへの移転、孤立したプロトコルの多様性問題、政治的または個人的な傾向、作成対テストシステム、合併、買収などがあります。

IGPルート再配布を使用して他のドメインのデバイスに到達する方法

再配布とは、1つのルーティングプロトコルから次のルーティングプロトコルへ、次にさまざまなルーティングスペースに存在するガジェットに到達するためのルーティングデータを渡す方法です。 各ルーティングプロトコルは、その空間内のルーティングテーブルに種類データの1つを提供しますが、別の領域でガジェットを達成するための欲求や必要性があります。 再ルーティングは、ソースルーティングエリアまたはプロトコルとターゲットスペースまたはプロトコルとの間の少なくとも1つのリミットルータで実行されます。

スペース間の完全な到達可能性を得るための3つのオプションがあります:

  • リミットスイッチからのデフォルトルート。 すべてのルーティングスペース(リミットスイッチ)に触れるスイッチから、1つのエリア(内部スイッチ)の内部で排他的に使用されるルーターに、デフォルトコースを渡すことができます。 これは、内部ルータが意識していないエリアからの不明瞭なルートをカバーし、内部ルータがリミットスイッチに進むようにします。リミットスイッチはすべてのルーティングエリアに参加するため、合計ルーティングテーブルを持ちます。 この手順は、ルーティングエリア間の接触の目的が1つだけの場合に最適です。
  • 1パス再配布、デフォルト。 少なくとも1つのリミットルータは、デフォルトのコースを1つのスペースに渡しますが、別のエリアに再配信します。 通常は、デフォルトのコースを取得するために、エッジプロトコルとして迂回されるように、再配布するプロトコルと代替プロトコルを選択します。 一方的な再配分は、例えば実質的な多国籍企業など、より大量のルートまで拡大するために利用されます。 中央プロトコルはBGP(Border Gateway Protocol)であり、エッジプロトコルは任意のIGP(内部ゲートウェイプロトコル、例えばOSPF、EIGRP、RIPまたはIS-IS、または同じIGPの様々な出現であってもよい。組織の「新しい」部分は、残りの部分と区別できないルーティングプロトコルを実行する必要がないか、または当面は変更する必要があるため、買収や合併には驚くほど機能します。
  • 双方向または共有の再配布は、あるプロトコルのルーティングデータの大部分または一部を別のプロトコルに渡します。 これは、ルーティング領域間に複数の連絡先がある場合は特に、最も複雑なオプションです。 1つのスペースから始めて次のスペースに到達可能な目標がある場合は、それを活用すべきです。 可能であれば、特定のアプローチを結びつけて、その目標が達成された方法や、セキュリティ戦略に照らしてその活動がどのように処理されなければならないかを示す必要があります。 双方向配信の定期的な不安は、ルーティングループ、非対称ルーティング、準最適ルーティングです。
    • 非対称ルーティング 送信経路が到着経路と全く同じではない場所です。 アクティビティの送信方法やファイアウォールの設定が設定されている場合にセキュリティ戦略が設定されている場合、問題が発生する可能性があります。 スタックバランサは同様に、非対称ルーティングによって妨害されることがあります。 共通のアドレスに照らして特定のガジェットに適切な負荷を与えるスタックバランサは、送信パスと復帰パスが予測可能であることを期待しています。
    • 準最適ルーティング 送信テーブルの中で最も優先されるパスが、最も直接的なコースではありません。 これは、リミットスイッチが開始プロトコルからさらに外部経路として別のルーティングプロトコルを経由してルートを「リッスン」するときに発生します。 外部コースプロトコルの規制分離が最初のプロトコルよりも信頼できるオフチャンスでは、スイッチはローカルコースを介して外部コースに向かって傾いていきます。 解決策は、参照されている経路の権威的な分離を制御することです。 これは最も単純なプロセスではなく、孤立した商人の製品提供の中でさえ、ステージごとに異なります。
    • ルーティングループ、または入力ループは、連絡先の1つの目的のためにルーティングデータが1つのプロトコルに再分配された後、連絡先の別の目的で最初のプロトコルに再び再配布されたときに発生する可能性があります。 ルーティングループを解決するという最終目標を達成するには、入力チャネルを作成する必要があります。 チャネルは、ターゲットプロトコルで始まるルートが再び同じプロトコルにプロモートされることを拒否します。 もちろん、チャンネルを製作する必要があります。 たとえば、OSPFとEIGRP領域に少なくとも2つの焦点が関連付けられている場合、すべてのOSPFルートに対して1つのチャネルを構築し、EIGRPからOSPFへの再配布でそれらをチャネル化します。 別のチャネルは、すべてのEIGRPルートで機能し、OSPFからEIGRPへの再配布について検討します。 この分離は、実行可能にするために2つのプロトコル間のすべてのリミットルータ上で行われなければならない。 あなたは接頭辞を調整することができますし、私の傾向であるラベルを利用することもできます。 ラベルは、ルートをターゲットプロトコルに再配布するための要素の一部として使用できます。次に、チャネルをオンにするラベルを検索できます。 ラベルを最初に検索し、ラベルを拒否し、ラベルがないことを確認し、ルートにラベルを付けてソースプロトコルを認識する戦略を立てる必要があります。 これはベアリングのために行われるので、2つの方針を作る必要があります。 RIPv2を含むすべてのルーティングプロトコルは、ラベルを強化することができます。

シスコのガジェットでIGPコースを再配布する際には、一気に取り上げるべきです。 あるプロトコルから別のプロトコルに再配布するときには、思い出すべきことがいくつかあります。

  • 再配布手順は、プロトコルデータベースではなく、ルーティングテーブルから取得します。 RIPをOSPFに再配布する機会がなくなると、プロシージャはルーティングテーブルのRIPという名前のルートを検索します。 特別なケースが1つあります。プロトコルが実行されている関連するルートです。
  • IPv4のシスコルータでは、関連するルートも自動的に再配布されます。 これは、あなたが同じ目標プロトコルに関連付けられているときに再分配しないで、その要素を停止させる有効な長さです。
  • IPv6のシスコルータでは、再配布手順には、プロトコルを実行している関連ルートを再配布しません。

いくつかのCisco OSは、ルートが1つのプロトコルから次のプロトコルに渡されるための再配布コマンドに接続されたアレンジメントを必要とします。 プロトコルに再配布する場合は、ルートのメトリックを指定して、ターゲットのプロトコルに関して適切な組織に配置する必要があります。 1つのプロトコルのメトリックは、実際に別のプロトコルのメトリックを検索しません。 ターゲットプロトコルに向かう外部ルートに接続する必要があるシードメトリックがあります。 図1の表は、若干の品種を持つすべてのプロトコルを示しています。

ソースRIPへEIGRPへOSPFへIS-ISへBGP(MED)に入れる
接続1インタフェースメトリック20(E2)00
静的1インタフェースメトリック20(E2)00
RIPを無限20(E2)0IGPメトリック
EIGRP無限その他のプロセスメトリック20(E2)0IGPメトリック
OSPF無限無限0IGPメトリック
IS-IS無限無限20(E2)IGPメトリック
BGP無限無限1(E2)0

図1:プロトコルのバリエーション

シードメトリックが終了していない可能性がある場合、コースは使用できません。 シード・メトリックを指定する必要がありますが、ソース・プロトコルを再配布するか、ターゲット・ルーティング・プロトコルのデフォルトのmetricコマンドを使用してターゲットに再配布してください。 シードメトリックは、RIPのジャンプ、OSPFとIS-ISのコスト、EIGRPのコンポジットメトリック(データ転送容量、遅延、不安定な品質、負荷、MTU)のターゲットプロトコルの配置にあります。

最後に、ソースがBGPの場合は、外部BGPルートだけがIGPに再配布されます。 これはループ対抗行動システムです。 内部BGPルートを再配布する必要がある場合は、BGPプロシージャ(ターゲット・プロトコルではない)の下にbgp redistribute-internalコマンドを配置します。

これらのラインに沿って、複数のルーティングプロトコルを実行しており、完全または不完全な到達可能性が必要な場合は、それらのプロトコル間で再配布する必要があります。 あなたが手配を始める前に、考慮して準備するべきことがいくつかあります。 再配布は、例外的に基本的なもの(1組のプロトコル、1つの連絡目的)であり、非常に予測不可能な場合があります。

GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!