ブログ

5 4月 2017

Project Managerスキルを使用してプロジェクトチームの成功を向上させる方法

プロジェクトマネージャのスキル:ベンチャー管理者(PM)は実践的または格子的な階層構造で機能することで、私が指導した実際のベンチャー管理クラスで尋ねられます。

Most associations’ inside tasks are performed in some type of utilitarian, feeble network or adjusted framework hierarchical structure. This implies extend colleagues answer to a useful director who controls their assignments, execution examinations, raises, rewards, and so forth. Up to this point, PMこれらの手順のいずれにもほとんど貢献していませんでした。

私の最初の提案 PMこの状況で終わるのは、プロジェクトマネジメント研究所(PMI)がPMの専門家に関して何を言いたいのかを調査することです。 これは283と284のページにあります。 プロジェクト管理知識体系 (PMBOK®ガイド) - 第5版。 ザ PMBOK® ガイドは、PMが、専門職、個人、および関連する適性のブレンドを利用して、同僚の延長と適切に協力して監督することを提案しています。 PMI PMが達成のために3つの能力またはパーツを制裁することを勧告する:

プロジェクトチームの成功を向上させるための3プロジェクトマネージャのスキル

1。 先駆者になれる

  • 社会的影響 - PMs can influence extend colleagues’ feelings, conclusions and conduct. PMs can utilize social impact from numerous points of view, for example, congruity, socialization, peer weight, dutifulness and influence to impact extend colleagues to perform.
  • 夢を作る - PMs must have the capacity to see final products. PMs can’t provide guidance on the venture travel without knowing the particular goal.
  • コースを設定する - PMは本質的に、そしてグループがどこに行くのかを明確に表現し、到着する最も熟練した方法の方向性を示すことができます。
  • ラウズ - PMは物事を進める必要があります。 Rousingの同僚はいくつかの構造を取ることができます。例えば、個人は物事を終わらせる必要があり、個人には物事を終わらせるための傾きを抱き、何かを成し遂げることについての考えを与えることができます。
  • メンター/モチベーション - PMは他の人を指導し、奨励することができます。 彼らは、定期的なベンチャー目標を達成するのを支援することによって、ベンチャー同僚に訓練や昇進を与えることができます。 彼らは出会いを共有し、奨励し、指示を与え、自分のスキルを分かち合うことができます。
  • 他の人を助け、強化する - PMは、定期的なベンチャー目標を達成するためにベンチャーの同僚に助けと支援を与えなければならない。 これは、共有結果の達成がコラボレーションによってエキスパートでなければならないというメッセージを送信します。 PMは同僚を拡張し、従業員を増強します。
  • 共通の目標を達成する - PMは、検出可能であり定量可能な最終製品を有する目的を設定する。 目的は、決まった時間内に少なくとも1つの目標を達成することができます。 これは、延長同僚に場所を持つ気持ちを与える。
  • 他のコントロールと調整 - PMは指導、イニシアチブ、奨励を行い、グループをリードしています。 PMは何が、いつ、どこで、どのように表示され、明確になります。

2。 説得力がある

  • 説得力がある - PMは納得することができます。 この手続きは、構成語や話し言葉を利用して心の状態を機会に変えるために利用され、データ、感情、思考、またはそれらの融合を伝えることが可能でなければなりません。
  • 間違いなく雄弁な焦点/位置 - PMは、基本的に、明快かつ生き生きとした考えを、直接的な用語を用いて表現するべきである。
  • 完全な注意を払う - PMs ought to completely focus on what is being said as opposed to simply “hearing” the message of the speaker. Through focus, the PM will get the genuine significance of the discussion. This can be utilized to show respect for the speaker, which will help in growing great relations with venture colleagues.
  • さまざまなポジションのマインドフルネス/配慮 - PMs must make themselves mindful of and give appropriate thought to focuses raised by other venture colleagues. In doing as such, the PM expands group attachment by sending the message that he or she regards the venture colleagues’ conclusions and info.
  • ただ命令的な問題に取り組む - PMは、重要でない問題から重要な問題までのコントラストを認識するために、その能力を活用する必要があります。 ベンチャーグループがこの能力を見ている時点で、彼らはPMを尊敬し、尊敬しています。
  • 誓約を達成する - PMは同僚を含むすべての人と相談します。 PMは、理解のもとに触れるために、代替の視点から個人と合意を達成する能力を活用すべきである。

3。 首長になる

  • あなたの最も基本的な選択を解決するために、これらの8つの段階を受け取ります。
  • 問題を区別して解決する。
  • 問題の方法を決定し、それを小片に分割します。
  • 質問を計画し、データを蓄積し、データに変換する。
  • データを注文/作成/収集/整理し、それをうまく利用する。
  • 時間と資産が不可欠ではないように、問題を特定するための完璧なアプローチを決定するために、水平の直感を概念化し、活用する。
  • 余分なデータが基本的に手配に役立つかどうかを選択します。
  • 選択肢の大部分を考慮してください。 完璧な配置をほぼ調整するものを選んでください。
  • 選択肢を実行します。 ピッキングされた取り決めが問題を解決したかどうかを見守ってください。
  • Utilizing a mix of administration, impact and basic leadership relational abilities will improve a venture director’s probability of group achievement. At the point when colleagues see the venture supervisor utilizing an all around reported, demonstrated and straightforward approach, their regard and purchase in for that part and venture will increment.
GTranslate Please upgrade your plan for SSL support!
GTranslate Your license is inactive or expired, please subscribe again!